インプラント前提の抜歯

インプラント前提の抜歯

ほとんどの歯科医師は知っているのですが、インプラントを予定していない場合とインプラントを予定する場合では、 抜歯の方法が違うのです。一般の方には、インプラント前提の抜歯があるのは知られていないことです。

誤解しないで下さい。別にインプラントをしない人には手をかけないというのではありません。

インプラントを予定している場所の歯を抜歯するときに、インプラントをしやすくするため、 インプラントがきれいに仕上がるためのコツのようなものがあるというお話です。

まず、入れ歯やブリッジにする場合の治療なら普通に歯を抜いて 自然に傷が治るのを待てば良いのです。
従来通りのやり方です。なんの問題もありません。

具体的に説明いたします。

歯根に問題のあった歯を抜くことが多いので、その様な歯の根の近くには、根尖病巣(こんせんびょうそう)とか肉芽組織(にくげそしき)という病巣がある事が多いので、普通は取り除くのですが、インプラントをしない場合にわずかな肉芽が残っても自然に溶けてなくなりますので、心配はないのです。

しかし、インプラントをする場合に歯を抜いた穴に根尖病巣や肉芽とがわずかに残っていたらインプラントの成功率はさがりますし、骨が再生する速度も遅くなりますから、しっかりと肉芽を取り除かなければいけません。

そのために、“エイヒ”と言われる器具を使って、抜歯した穴をしっかりと清掃します。初めからインプラントをしないと分かっているなら、ここまではしなくても問題がないというところまでやっていきます。

これがインプラント前提の抜歯です。

しかし、大切なのは、きれいな抜歯だけではありません。
抜歯後の処置にもコツがあるのです。

きれいな仕上がりのインプラントのために

インプラントをきれいに仕上げるには、その部分の骨は、良い状態であるに越した事はありません。

  • 良い状態とは、
    • 歯を支えていた骨が、歯を抜いた後も残っている
    • 歯を抜いた後、骨が萎縮する程度が小さい
    • 歯を支えていた歯肉が、歯を抜いた後も残っている
    • 歯を抜いた後、歯肉が萎縮する程度が小さい
  • そのためにはどうするか
    • 抜歯後の骨の穴に人工骨を入れると骨が萎縮しにくい
    • 抜歯後の骨の穴に専用のコラーゲンスポンジを入れると骨が萎縮しにくい
    • 抜歯後の骨の穴に歯肉を移植すると歯肉が増えるのできれいに仕上がる
    • 抜歯後の骨の穴に専用のコラーゲンスポンジを入れると歯肉が萎縮しにくい

どのケースで、どうすれば良いかは分からなくて大丈夫です。私達専門家が、必要な方に説明させて頂きます。